柴犬の様子がおかしいと思ったら尿路結石だった - <タンポポのわたげ>

主に子供の事について書いています。私の現在の課題である、子供の食関係の話が多いです。時間があいたときに、ちょくちょく更新しています。

柴犬の様子がおかしいと思ったら尿路結石だった

うちの柴犬(ソウくんという名前)の話。

この間散歩で歩いていたら、急にすわり
込んで泣きそうな声を出すのです。

そんなの初めてだったので、
ものすごくびっくりしました。



しばらく座り込んだあと、また普通に歩きだしたので
何だったのかなあと思いつつ様子を見ていたのですが、
どうもおしっこをするときに辛いよう。

これはひょっとして…と思い
すぐに獣医さんのところに連れて行きました。

予想通り、尿路結石という結果。

はじめに飼っていた柴犬も、尿路結石で
通院していたことがあるのですよね。

犬はなりやすいんですって。




食事など気をつけているつもりでしたが、
かわいそうなことになりました。

病気用のフードは添加物が多いので
与えるのは気が進まないのですが、かといって
自分で栄養を考えて食事を作るのは難しい…

なので、獣医さんのところで購入した療法食を
しばらく与えることにします。

ちなみに、病気になるのが怖いからと
元気な子に療法食を与える方がいるそうですが、
それはやめておいたほうがよいです。

療法食は病気のペットには最適な栄養の配合
となっていますが、元気なペットにとっては
栄養バランスが悪いことが多いです。

特に成長中の子犬や、動き回ることの多い成犬だと、
栄養素が不足してしまう可能性があります。

ので、獣医さんに指示された時のみ与えるようにしましょう。





子供の食

日記や思いつきのメモ

Another

トップ